読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吹田日記

住み始めて色々あったことを書く日記

Arc'teryx Arakys アプローチシューズ@住吉道

物欲 旅行 Arcteryx

さて今回の装備。

アンダー:ファイントラック スキンメッシュT
トップス:Arc'teryx Skyline Shirt SS
ボトムス:Arc'teryx Palisade Cropper
ソックス:Drymax Maximum Protection Trail Run
シューズ:Arc'teryx Arakys

ザック :HAGLOFS GRAM COMP25

夏なので涼しさ重視で荷物も必要最小限。

f:id:tomokiri:20160703211629j:plain

Arc'teryx Arakysの感想はというと

メリット

  • 軽量
    片足270gなので軽登山靴の半分くらいの重さ
  • つま先のガード完璧
    歩いている時に石を蹴飛ばしてもノーダメージ
  • 高いグリップ力
    濡れている石や流れの中の石を踏んでも滑りにくい
  • 通気性がよい
    防水性がないので通気性が良いという発想の転換
    なお、濡れた時のためにソックスで対策しています
  • 帰宅時にサンダルモード最高
    休憩時、帰宅時に踵を踏んでサンダルのように履けるのはラクチン

デメリット

  • 底が柔らかいので石を踏んだ時に足にダメージが伝わる
    比較がトランゴアルプになるのですが、石の感触がダイレクトに伝わります。
    それでも軽登山靴と同レベルではないかと思います。
  • 歩き慣れてないと疲れやすいかも
    底が柔らかいので蹴りだす歩き方をすると疲れやすいです。
    足首のサポートうんぬんについては信じるも信じないも。
  • 重い荷物を担いで長時間歩くのは未知数
    テント泊装備を背負って歩くのはどうかと思います。
    大峯で洞川から小笹宿で一泊二日とか、比良で比良駅から八雲ヶ原で一泊二日ならイケル気がするのですが、複数日にまたがって縦走するとなるとリスクになると思います。

この時期のtipsなのですが

背面にパッドの入っていないザックに水を凍らせたSource Widepac Low Profileを100円の銀マットでくるんでザックの背中に忍ばせます。銀マットにくるむのがミソで絶妙なヒエヒエ感で暑い季節も涼しく登れます。
ついでに溶けた水はとても冷たくて体の中からクールダウンしてくれます。
コンビニで冷蔵系スィーツをいっしょにくるんでいくと、よく冷えたスィーツで体力を回復させることも出来ます。
今日は生どら焼きでした(写真なし)

 

tomokiri.hatenablog.com